春が近づくにつれ、明るい色や柄もののお洋服が気になりますよね!

柄といえば、まずプリント!
2017年春は花柄がとっても注目を浴びそうです。

そして、もう一つの柄テクニックがジャガード

バルセロナのニットブランド、Aldomartins(アルドマーチン)は

Due e Dueでも長年愛されているジャガード技術が特徴です。

デザインから縫製までをすべてバルセロナで行っている、ローカルなスローファッションブランドです。

ところで、ジャガードってもともとどのような歴史があるのか、

知らないものですよね!

ジャガードの技術はどんどん進化しましたが、
本当は大変な手間暇がかかるもの。

今日はそんなジャガードの豆知識をご紹介したいと思います♪

1.そもそもジャガードという名前の由来は?

1804年にジャガードさんという方が発明したことにありあます。
そう、ジャガード(Jacquard)は人の名前なんですね。

2.もしかしたらはじめてのコンピューター技術かも?

Photo source: itfashion.com

すごい機械ですね!
はじめのジャガード織りマシーンはこんなものでした。

使われたのは2色の糸。
写真手前に見える、穴の開いた模様表の通りに
ピクセル単位で編んでいく方法で作られました。

だからいつも幾何学模様

2つの信号であらわされたものが形になるのは、
今のコンピューター技術につながるものなので、

モードの世界がコンピューターの発明した、といわれることもあります。

2017 S/S Aldomartins

今ではジャガードもコンピューターにより柄や色をコントロールできるので、

幾何学模様以外の柄や、多色使いが可能になりました。

技術の進歩とともに、手に入れられやすくはなりましたが、

それでもホンモノを追求しているブランドのジャガードは
やはり発色の美しさではプリントに勝るものがあるし、
格を感じます。

Aldomartinsの新作も間もなく入荷予定。
この春はジャガードにもぜひ注目してみてくださいね!