こんにちは。Due e Dueの井上です。

寒暖の差が激しい毎日ですね。

とはいえ、人間は一度暖かい日を体感すると、体の中はもう春に向かっての準備をするようになるそうですよ♪

変化する季節も楽しんでいきたいですね。

さて、先週のアトリエでは、素晴らしいシルクワンピースのリ・デザインを承りました。

華やかなグリーンに黒の柄が印象的。

こちらはお持ちになったお客様のお母さまが愛用されていたという、

Christian Diorのシルクワンピース。

もう数十年が経過しているそうですが、さすがに生地が素晴らしく、全く傷んでいません。

デザインを今っぽくして、今度はご自身がお召しになりたいとのことでご相談を受けました。

ご試着頂いたところ、ワンピースの形自体は今でも新鮮に着られるため、
大きな肩パットを取って肩幅のみお直しすることになりました。

「母が着ていたものを自分が着るなんて」と少し照れた表情と、

その中に嬉しそうな笑顔が浮かばれていたのが印象的でした。

お着物だけでなく、受け継がれて着られる服ってステキですね。

大切な思い出とともに、また新しい出会いががこの服に刻まれていきます。

表参道の隠れ家アトリエは今週もオープンしております。
ご来店にはご予約をお願いしております。
こちらから