こんにちは。Due e Dueの井上礼です。

梅雨に入り、温度は低くてもジメジメを感じますね。

先日のポップアップでも人気だったのが

「とにかく涼しい服!」
今年も猛暑が予想されるので、少しでも快適に過ごしたいですね!
さて、最近すっかりご紹介をし損なっている、

お洋服のリ・デザイン

リ・デザインとは、単なる丈詰め、幅出しだけではなく、

お洋服に何かを付け加えたり、デザイン自体を変えてしまうというもの。

今回承ったリ・デザインはこちらです。

以前、当店でお求め下さった、オーガニックコットンのジャージーワンピース。

サステナブルな素材を使うスペイン、Skunkfunkのワンピースは、真夏にもとても使い勝手がよかったそうです。

ただ、もともとのデザインは今年着るには丈がちょっと短い膝上丈。

こちらをどうにかして、また今年も活用されたい、というご要望でした。
丈のバランスはその年によって全然違ってくるので、
いくら生地が傷んでいなくても、大好きでも、

丈がしっくりこないと今年らしく着こなせません

そこで、今回は写真のように、裾に6cmほどのジャージー地をつけて、お膝が隠れるお丈にしました。

ワンピース自体にも入っているネイビーとほぼ同じお色を使用。

お袖や裾の脇にもネイビー地を接いだデザインだったため、

おそらくオリジナルを知らなければ、こんなワンピだと思われると思います。

そのくらい違和感なく丈を長くすることができました。

こちらのワンピースに合わせて、スペイン製のサンダルをコーデ♪
丈を長くするには、生地を付け足すことをしますが

ポイントは、どんな生地を使うかということ。

今回のような夏の軽やかな生地には重くならないように、同じ素材で裾だけが目立たないようにします。

逆に、秋冬のお素材だったら、裾もちょっと変わった素材をつけるなど、

あえて裾に視線がいくようなことも考えられます。
お洋服のリ・デザインは、
お客様とご相談をしながら進めて参ります。

もし、眠っているお洋服を蘇らせたいなら、一度ご相談くださいね!